子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

子育て支援系ビジネススタートアップイベントと保育士

 

先週の金曜日、こんな貴重な場に登壇させていただきました。

 

「子育て支援系ビジネススタートアップイベント」

 

2分、3分のPitchに慣れていたので、20分というプレゼンの機会をいただいたのは初めて。

何を中心に話そうか考えに考えたあげく、私だからこそ話せることを、ということで作った資料は…

「保育士」として、現場を通して感じてきた保育環境、子どもたちを取り巻く状況。

 

一人の中学生が、とあるきっかけを機に保育士を目指したこと。

「こんなに笑顔でいられる仕事があるなんて!」と憧れて就いた保育士の職業は、想像以上に厳しかったこと。

家族から言われた、「あなたが、あれだけやりたいって言っていた仕事ってこれだったの?」という言葉。

子どもへの想いだけでなんとか繋いでいる状況。

どんどんと仲間が減っていく職場。

余裕なく、肩に力の入った大人たちと過ごす子どもたち…

子どもへとしわ寄せがいくことに我慢できず、でも余裕のない自分にできることが限られているもどかしさ。

人生の土台となる乳幼児期に、親よりも長時間携わっている保育士がこんな環境におかれていて、子どもの育ちが保たれるのか、という疑問。

子育て支援はあるのに、保育士支援はない!という実感。

一保育士として、現場の「あったらいいな」をカタチにすることからスタートしてできることは何か…

 

などなど。

 

事業やマネタイズに関してはかなり消極的に話してしまい、反省点もありつつ…

参加されていた方の期待に添える内容ではなかったかもしれないけれど、でも、ビジネスモデル云々の前に、「子どもたち」が今おかれている不安定な環境を、“保育”という現場状況を通して、少しでもリアルに伝えられていたら良いな、と。

 

いやしかし、毎回毎回、こうした機会に参加させていただくことで経験できること、発見、気付きがたくさん。ふむふむ、と、色々と持ち帰ってきたのでした。

保育士としても、経営者としても、一人の人間としても、常に学び続けることを楽しんでいきたいなぁと感じた帰り道なのでした。

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

 

幻のサルビア号に潜り込め!

 

ある部屋の1室が、ふかーい海につながっているって知ってた?

魔法の青いライトを手に、海の底ではぐれないよう目印のバンダナをつけた子どもたちが深海へと繰り出すワークショップ…

 

そんな、仕掛け側もわくわくしてしまったワークショップをしたのが1年前。

 

ソワソワ、にやにや、顔を見合わせたり、みんなで呪文の練習をしたり、想像をふくらませたり、それぞれに楽しんでいた子どもたちの姿はとってもキラキラ。

「え!知らない子と行くの?」

「自分たちで行っていいの?」

「これ、中はどうなっているの?」

わからないこと、初めての経験、膨らむイメージの中で、ソワソワしながらもそれぞれに楽しむ子どもたちの表情や姿を見ながら、こちらもワクワクをたくさんもらったのを思い出す〜

 

そして、そのワークショップをきっかけにお声掛けいただき、7月に鶴見のイベントにて、ワークショップの機会をいただけることに!

内容はもう少し先のお楽しみ!

 

興味ある方、子どもが楽しむ姿を思い浮かべて、一緒ににやにやワクワクしながら仕掛けを作りたい〜という方、ぜひご連絡くださーい◎

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

 

いいじゃない、そのままで。

 

春。

出会いと別れの季節。

でも、急なお別れは、もうどうしようもなく寂しい。

 

3年前のあつーい夏の日。

どろどろになって水遊びを楽しむ子どもたちをにこにこと眺めているみこちゃんに出会った。

言葉や話し方ひとつ、人との関わり方ひとつ(それは大人に対しても子どもに対しても)をとっても、本当に不思議な魅力をもっている人だった。

そして、誰に対してもこれっぽっちの隔たりなく、同じように接してくれる人だった。

 

その頃のわたしは、「保育士の経験がある」というだけで、どこか子どもを知っている気になっているところがあった。

でも、みこちゃんに出会って、その変なプライドのような知ったかぶりのような「保育士」というフィルターを外して、「人と人」という関係や関わり方について、いろいろなことを教わった。

それは、直接的な言葉や説明ではなくて、みこちゃん自身の姿や会話から自然と伝わってきたものばかりだった。

 

「あら、だいじょうぶよ。」

「いいじゃない、そのままで。」

 

強さが秘められたやさしい言葉で、おちゃめに笑いながらポンっと背中を押してくれた言葉の数々が、忘れられない。

みこちゃんに言われると、肩に入っていた力がふっと抜けて、やさしい気持ちになれた。

 

あぁ、もっと話したいこと、たくさんあったな。

こんなに近くにいたのに、なんでもっと会いに行かなかったんだろうな。

「ちゃんと分けるのよ。」ってにんまりとしながら手渡してくれたおやつ、おいしかったなぁ。

あの時はげんきだったのになぁ。

 

いろーなことが頭をめぐり出して、じわーっとこみ上げてくるものがあって、きりがない。

 

そのうち子どもでも生まれたら、みこちゃんに抱っこしてもらって、「あら、パパそっくりじゃない。」とか、「なんだかかしこそうな顔してるわね。」とか、そんな言葉をもらって。

そして育児に不安を覚えた時には、「だいじょうぶよ。」と、またあの笑顔で言ってもらえるものだと思ってた。

 

でも、今日、きちんと御礼を伝えてこれたから。

 

あとは、みこちゃんから学んだこと、受け取ったやさしさ、温かさ、子どもを取り巻く環境や地域への想いを、わたしなりに、つなげていけるように向き合っていこう。

形は違えど、わたしなりの形で、みこちゃんと同じようなあたたかかさでつなげていきたい。

 

みこちゃんに出会えて、本当に、ほんとうによかった。

 

みこちゃん。

本当にほんとうに、ありがとうございました。

 

2014年 4月 7日

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

 

子どもの(親の)“はじめて”、保育園での対応は?

 

新任1年目から最後まで、ずーっと年長児(異年齢児)クラスの担任だったわたしが、

乳児クラスに入って知ったこと。

それは、保育士が、子どもの(親の)「はじめて」を奪わないようにしている、ということ。

 

例えば、子どもがはじめて歩いた瞬間が保育園だった時。

お迎えに来たお母さんに対して、「今日、◯◯ちゃん、もう少しで歩きそうだったんですよ〜」と伝え、

実際に歩いたことは伝えない。

そして翌日、「せんせい、昨日の夜、◯◯が一歩歩いたんです!」というお母さんのよろこびの報告を、

いっしょによろこぶ。

 

これって、保育業界では暗黙の了解?

乳児クラスでは当たり前?

それとも、学校で習ったんだっけ?(いや、わたしは習った記憶ないな)

 

と思ったら、こんな重要なことって、みんないつどこで覚えてきたんだろう!!!

親の立場から考えてみたら、かなり、かなり、大きなこと。

 

保育って、うまく言えないけれど、フィーリングで成り立っていた部分ってけっこうあったなぁと思う

今日この頃です。

わたしが経験してきた園だけだったのかな。

他の保育園では、みんなで共有されていることなのかな?

 

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

 

たろうのひっこし

 

わたしが好きな絵本のなかの一冊。

「たろうのひっこし」

 

自分のへやがほしい!

ともしも子どもに言われた時、こんな発想を楽しめる人でありたい。

 

そして、ちょっとしたきっかけから広がる世界を、いつまでも一緒に楽しめる人でいたいなぁ。

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

 

「こたえ、を求めている子が多い気がする。」

 

「こたえ、を求めている子が多い気がする。」

そんな話を保育士養成校の先生がから聞いたのが、年明けくらい。

そんなきっかけと、私の中にずいぶん前から沸き上がっていたこんな想いが重なって。

 

---------------------------------------------------

 

現場にいた方が、保護者の方とたくさん話していたはずなのに、

現場を離れてみて初めてわかることがたくさんあることに気付いた。

現場にいた方が、子どもたちと密に過ごしていたはずなのに、

近すぎて見失っていたものがたくさんあることに気付いた。

 

保育士も保護者も、日々の慌ただしさについつい余裕がなくなって、

「あ、また忘れ物してる、あのお母さん…」

「またあの先生に何か言われちゃうかな…」

なんていうちょっとしたすれ違いやギスギスが生まれてしまいがちな環境もある中で、

知っていると知らないとでは全くちがうのに、

現場ではなかなか知る機会がないことが、あった!

 

それは、実際に子育てをしているママさんの、

妊娠発覚から妊娠中、出産、出産後、そして子育てのリアルなお話。

保育園に行ったら、毎日のように子どもがいるのが当たり前。

でも、その子どもたち一人ひとりがいかにして生まれ、育ち、そしてその背景には親の

どんな想いや苦労がつまっているのか、“わかっているつもり”になっていることってたくさん。

ということで、保育士や学生さんがママの話を聞くというワークショップを2回に渡り、開催しました。

 

妊娠・出産・子育てを経験していない私たちにとってのママさんのお話は、

それはそれは、ものすごく強烈に印象に残るもので…

詳細に記録されている育児日誌や授乳記録、お腹にいる時の小さな小さな影がどんどん大きくなっていくエコー写真を

見ながら、母の想いとその強さを、じんじんと感じたのでした。

 

そして、後半は、「レンズを通して」「絵本を通して」それぞれに子どもやあそびついて考えるワークの時間。

いつもとちょっと違う視点で子どもの姿やあそびについて考えてみると…

おぉ、これまた発見がたくさん。

わたし自身も、保育士さんや学生さんの話を聞きながら、考えさせられることや発見がたくさん。

 

出産一つにしても、本当にたくさんのエピソードがあって、

そして、ついつい見逃してしまいがちなところにもたくさんの子どものすがたや表情があって、

何をあそびとするか、子どもたちそれぞれに物事の捉え方や楽しみ方が違っていて。

 

うん、 こたえ、なんてないんだと。

 

わたし自身、色々と学びの多い、時間でした。

関わってくれたたくさんのあたたかい方々にも、心から感謝です◎

cafeのオーナーさんも参加してくれて、うれしかったなぁ!!!

 

うん、また、やろう。

 

 

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

 

Lean Startup

 

Lean Startupについて朝から学び通した1日。

実際に外に出て実験を行うことでの気付きと学びも多々あり。

頭をフル回転させながら参加しても、落とし込みにはまだ時間が必要なわたしですが、

こうして学びを重ねていくのは楽しい。

課題意識と理想に偏ることなく、子どもたちの育ちを保つために実現したいこと、

大切だと思う環境に繋がる“意味のあること”を

いかに今の環境下でやっていくか。

そこに向けて進むためのヒントがたくさんでした◎

にしても、丸1日かけての研修ははじめて。

実際に会場を抜けだして、外で実験を行う研修もはじめて。

いやぁ、いろいろと、本当におもしろかったな〜

 

さて、ここから!!!

ちゃんとつなげていかなきゃね。

 

 

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ