子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

あいさつPart.2

[caption id="attachment_257" align="alignnone" width="400" caption="あいさつPart.2"]あいさつPart.2[/caption]

前回のブログの続き。

「どうして挨拶するの?」って、子どもたちに聞いてみた。

 

「えー。せんせいは何でだと思うの?」

「気持ちいいからじゃない?」

 

という答えが多かった。

考えてみたことはないけれど、でも考えてみたら気持ちいいからかな?という感じ。

「挨拶はしなきゃいけないから」なんていう答えが返ってこなくて良かったなと思った。

中には、

 

「だって、朝はみんなに会うからおはようでしょ?」

「誕生日とかはお祝いしてもらって嬉しいからありがとうでしょ?」

「いけないことしたら、悪いからごめんねでしょ?」

 

って答えてくれた子がいた。

彼の話ぶりからすると、それは決して言わされている挨拶ではなく、場面場面によっての自分の感情に伴った 言葉が、それぞれの挨拶につながっているという印象を受けた。

 

理屈なんて本当はどうでもよくて、自分の感情を相手に伝えることが大切で、その一番身近な言葉が挨拶なんだと思う。

 

そして大人は、実際に進んで挨拶をすることで、挨拶したりされてうれしい!とか、気持ちい!とか、そんな感情をどんどん表現して、子どもたちがそれを見て、やってみて、自然と挨拶の大切さを感じていける環境ができたらいいなと。

 

自分の挨拶ひとつで相手が笑顔になったり喜んでくれたら気持ちいいもんね!

 

ついつい“当たり前”になってしまっている挨拶だけど、子どもたちの挨拶にちゃんと応えていこう!と改めて思いました。

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]