子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

探検へのストーリーその3

前回届いた、輝くひみつのヒント1から2日後。

ついに待ちに待ったヒント2が届いた!!!

 

それは、保育園のポストに入れられていた。

くしゃくしゃの茶色い紙袋には、羊皮紙が一枚。

内容は、こんなものだった。

「かがやくひみつをとくためのヒント2  ◯ん◯◯」

 

…!!!??

考える子どもたち。今回はどうやら謎解きの暗号のようだ。

そして、◯に入る文字を入れ、ありとあらゆる言葉の数々を見つけ出した。

 

きんかん、あんぱん、きんいろ、ぎんいろ、いんかん、えんぴつ、たんてい、たんけん、とんかつ、とんねる、にんじゃ、さんだる

 

などなど。

当てはまる答えはどんどん増えていくばかり。

でもなかなか謎は解けず、「うーん」と考えこむ子どもたち。

 

すると…

なんとそこへ、早くもヒント3が!!!

 

子どもたちが使うおそうじ道具の中に、ヒント3は置かれていた。

今度も、くしゃくしゃの茶色の紙袋の中に羊皮紙が一枚。

これまでと同じように、おどろおどろしい字で「かがやくひみつをとくためのヒント3」と書かれ、その下には…

絵が描いてあった。

橋の絵だった。

 

 

ますます謎は深まるばかり!

ヒント1 水

ヒント2 ◯ん◯◯

ヒント3 橋

…このヒントが示すものとは?

さて、子どもたちは果たしてこのヒントの意味を解くことができるのでしょうか。

次はどこからヒントがくるか、今日もソワソワしている子どもたちです。

 

つづく☆

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]