子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

探検へのストーリーその6(ついに探検!!!の巻)

 

ついにやってきました!

待ちに待った探検の日。

ヒントの答えに辿り着き、地図まで作って準備万端の子どもたち。

 

だけど…

 

空はあいにくの雨模様。

期待に胸を弾ませていた子どもたちはしょんぼり…

「行けないね。」「雨だもんね。どうしよっか。」

公園までの道のりは30〜40分程あるので、行って探検して帰ってくるには少し厳しいお天気です。

 

どうしたもんかとみんなで輪になって話しているところへ駆けこんできたのは園長せんせい。

「みんな!ポストにこんなものが入ってたよ!」

手に握られていたのは、みんながよく知っている、あのくしゃくしゃの茶色い紙袋でした。

中には、やっぱりあの古びた羊皮紙が…

内容はこうだ。

 

「どうやらおまえたちは、ヒントのこたえにたどりついたようだな。

しかし、きょうはあめ。そのため、かがやくひみつのかくしばしょをうつさせてもらったぞ。

さぁてわかるかな?

けんとうをいのる。」

そして本のイラストと、場所を示す虫食いのことばが。

 

「ぃやったー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

子どもたちは大喜び。

ヒントの謎は意外にも10分ほどで解け、近くの室内施設に行くことに。

そして、いざ出発!☆

今まで数々のヒントを解いてきた自信が、子どもたちの顔をたくましくさせます。

 

さて、この後子どもたちは驚くほどたくさんの手掛かり(そしてきらめく〇〇◯!)を見つけることになるのですが、とてもとても長くなりそうなので、今日はここまで。

今日から3日間の連続投稿で、最後までのストーリーをお送りしたいと思います♪

お楽しみに!☆

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]