子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

Hoiclue♪ [ほいくる♪]のひみつ?

わたしがキッズカラーの代表になってから早4か月。

保育園の先生だったわたしがまさか会社の代表になるなんて夢にも思わなかったし、実際ちょっと気が引ける。

経験だって知識だってまだまだ浅いわたしが、これからやっていけるのか?

なんて考えたこともあったけれど、向き合って、考えて、自分で決めたことだから後悔はしていない。

それに、別にすごいことをしなきゃいけないわけじゃない。

保育士の立場からみて、“こんなのあったらいいな” “もっと早くに知りたかった!” “これって大事だな” と思ったことを、体験したり感じたり、出会えるような環境やきっかけを作る。

そうしてわたしもたくさんの保育や考え方や捉え方に触れ、感じ、学び、楽しみたいと思っている(’ ∀’ )

根本にある思いはひとつ。

 

子どもの“イマ”を虹色に。

人が生きていく上での土台となる乳幼児期がその後にどれだけ大きな影響を与えるか、それを保育の世界で学ぶことがきたからこそ、そう思う。

ありきたたりな言葉にまとまっちゃうのは嫌だけど、子どもたちが秘めているたくさんの可能性や素敵な力を大切にする環境を、たくさんの人たちで作っていきたい。

保育についての知識を持ちより長い時間子どもと共に過ごす保育士の存在は、子どもにとっても親にとってもとても大きくて、だからこそ多くのことを求められる保育士さんの力になれるものがあれば、それが子どもを取り囲む環境へとつながっていくのではないだろうか。

今活動中のHoiclue♪は、そんな思いから作られている。

保育園の帰り道にケータイを開いた保育士さんが、「これやってみようかな」なんていう保育活動に出会って、それで翌日の保育がちょこっとでも充実したら、それだけでも子どもを取り囲む環境の幅が広がるきっかけになるんじゃないかなぁ。と。

今後はそれをシェアする場を作ったり、内容も充実させていきたいと思っている。

 

そして、来月初めて開くHoiclue♪キャンプ☆

実際に聞いて考えて体験して感じられる楽しい場を作りたかったわたしの念願のワークショップ!

参加してくれた保育士さんに、ワクワクや楽しみや自信やさらなるやる気なんかを持って帰ってもらえるワークショップになったらいいなという思いで準備中。

これから先の定期開催も決まったところで、これからまたどんどん動いていくぞー♪(´ε` )

→ワークショップ情報(PC/スマホ)

Hoiclue♪ キャンプ #001 表現を通してのぞく子どもの世界

※モバイルの方はコチラから→

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]