子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

ここはジャングルランドです。

いつだったかな。

数ヶ月前に、近くの小学校の“子どもまつり”に行ってきた。

小学校の中は、ゲームができたりおばけやしきがあったりと、各クラス、子どもたちが出し物をしてお客さんを楽しませていて(やっている本人たちがいちばん楽しそうだった)、小学校の文化祭みたいな感じ。

わたしが入ったのは…

ここ。

かんたんコース、ふつうコース、むずかしいコースがあって、それぞれコース名が書かれたヘルメットをかぶって中に入るのだけど、この発想には笑った。

単純なことだけど、単純だからこそ素通りしてしまうことを当たり前のようにやっている姿がなんだか新鮮でワクワク。

すごいよね、教室の仕掛け人から見たても誰が何のコースか一目瞭然という、シンプルだけど、無駄なく手間がかからない上にわかりやすいという的を全て得てる!

 

教室の中には、動物に変装した子どもたちが迷路になった教室の中にたくさんいて、それぞれに問題を出してくるのだけど、その動物たちがいちいちかわいい。みんな自分たちでなりたいものを考えて、自分たちで作って、相手を楽しませることを素直に楽しんでいるんだろうな、というのが素直に伝わってくるほど、自分の役割をまっとうしている…(そしてもちろん、頭につけているヘルメットを見て、問題の内容を変えてくれる)。

途中、分かれ道のようなところで「こちらの道もありますよ〜」とカーテンがある道を進められたので、カーテンの先に何があるのかとめくろうとすると、「そこは行き止まりなのでカーテンはめくらないでください。残念でした!」と。

やられた〜!!!!!

とこんな具合で、子どもたちが考えた一つ一つの仕掛けにワクワクしっぱなしの時間と空間。

余韻に浸ってしまうような、大人でも楽しめるおもしろさがギュギュギュッ。

色んなイベントを計画したり活動し始めた私にとっては原点を見たような、そんな感じでした♪

 

さて!

若干の告知にはなりますが(笑)、3月9〜10日のワークショップコレクション、参加が決まりました〜!

あの子どもまつりで見た、「人を楽しませたい」とそれぞれが自分なりに考えて楽しむ子どもたちのように、参加してくれる子どもたちのことを想いながら準備を進めていきたいと思っています♡

 

乞うご期待!

興味ある方、お手伝いしてくれる方も募集中〜♪

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ

保育士・幼稚園教諭のための保育に役立つ保育情報総合サイトHoiclue♪