子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

感銘を受けた、この言葉。

わたしの好きな言葉(というよりも感銘を受けた言葉)に、セカイカメラを作った頓智ドットさんの、

 

「とにかく、セカイカメラによって実現するわくわくする世界を想像してみてほしい。

これをみんなで一緒に盛り上げていきたいんだ。」

 

という言葉がある。

この記事を読んだ瞬間、心臓がバクバクした。

まさにわたしも思っていたことが(しかも言い切れずにいたことが)、見事にそこに集約されていた!

 

ちょっとキッズカラーの話になるけれど…。

わたしが今取り組もうとしている課題は、不安定な子育ち環境。

その中で、子どもにより長い時間関わっていて子育て支援をしている、“第2のお母さん”とも呼ばれる保育士さんが抱えている問題をまずはなんとかできないかな、と考えている。

保育士さんが抱えている負担や不満が離職に大きくつながっている中で、その離職率を抑制できることって、大きく分けると労働環境と整えるか(賃金UPなど)と、いかにそこに価値を見出しモチベーションをあげてうまく付き合っていくかだとわたしは考えている。

で、まず後者の方で何かできないかと考え、現場にいた時にあったらいいのになぁ!と思っていたサイトを立ち上げることに。

ただ、いくら便利なものを作っても子どもたちの育ちにつながらなければ意味がないし、何よりも利用者本人が楽しさを感じなければ、意欲にもつながらない。その場しのぎになるだけ。

だからこそ「ワクワク」にこだわって、見てくれる人それぞれが持っている子どもへの想いや遊び心やワクワク感を引き出して、それがその場しのぎではなくこれから先の子どもの育ちへつながるようにすることに、とてもこだわっている。

 

そこで出会ったのが、あの頓智ドットさんの言葉だった、というわけ。

 

Hoiclue♪によって広がるワクワクする世界を想像してみてください。

これをみんなで一緒に広げていきたいんです。

(勝手に少し言い換えてみた)

わわわ、かっこいい(笑)

そんな想いを、もっときちんと整えて発信できるよう、早くHoiclue♪を具現化していかなくちゃ。

Hoiclue♪に限らず、キッズカラーとして取り組むこと全てにおいて共通して言えること。

 

おととし作られた我が社の経営理念は、

・子どもの遊びを大切に

・子どもの“やりたい”を大切に

・大人も楽しむことを大切に

子どもを取り巻く大人が抱える負担や不安が、ワクワクした楽しさや優しさにつながる “あそび心” をキッズカラーの価値として、広くお届けできるようがんばっていきたいと思います◎

そして、それが子どもの育ちへとつながっていきますように。

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

親子で過ごすワクワク時間の通販サイトPaMaClue♪ [ぱまくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ