子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

保育 と マネジメント

 

昨日はこんなセミナーに参加してきた。

 

 

保育の現場を出て初めて知った“マネジメント”という言葉。

「社会はこうして回っていたのか!」と衝撃を受けたのがわりと最近。

なんだかお固いイメージのある言葉だし、保育とは一見関係のないようだけど。

でも、自分一人ではできない保育に組織みんなに取り組んでいるからには、

どうしたら最大限に良い保育ができるか、

保育の目的や目標を達成するために、

どうやったらそれぞれがモチベーション高く、

想いを持って成長し合いながら取り組んでいけるか、

そんな環境を作り上げていくことが、子どもの育ちを保つ環境にも繋がるんだろうなと

感じながら受講したのでした。

どこかでイメージしていた、「単に若者を教育・管理するもの」というイメージとは違うんだ

ということへの学びが大きかったかな。

特に、「新人・若手の育成のしかた」という話は、それはそれはおもしろくて、

別に特別な技術も何もいらなくて、もっと根本的なことを考えて、ちょっとしたアイディア

を取り入れることから始められること、意識が変わることってたくさんあるんだな、と。

 

想いだけでなんとか繋いでいる…という苦しい保育環境の話をたくさん耳にする中で、

日々追われてただこなすだけの保育に慣れてしまわないよう、

保育士さんの子どもへの想いを保てる環境に繋げていくために。

子どもの育ちを願う根本的な想いはみんな同じところにあるのに、

余裕のなさやすれ違いでギスギスしてしまう環境はやっぱりおかしい。

結局そのしわ寄せは子どもたちにいって、みんなの想いからかけ離れた環境になってしまうもんね。

 

さて、この学び。

どう動かしていくのがいちばん良いだろう。

まずは、保育につながるように咀嚼してみることから。

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

親子で過ごすワクワク時間の通販サイトPaMaClue♪ [ぱまくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ