子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

ゾンビと博士ごっこ

 

子どもたちがつくったと思われる、「ゾンビと博士ごっこ」

ついに、HoiClue♪でも公開しましたー!

 

我が事務所の裏には公園があり、そこの子ども冒険ひろばにて、我がスタッフが

子どもたちと遊んできたのだそう。

これ、姪っ子&甥っ子たちとも遊んでみたのですが、かなり大ウケでした◎

 

本当はHoiClue♪に掲載しているあそびだけれど、ここだけで特別に公開しちゃいます。

 

【ゾンビと博士ごっことは?】

1、まずは、ゾンビと博士役の人を決める。

2、ゾンビはベンチに座り、博士は横に立って、それ以外の人は逃げる。

3、博士が、「ピッ」とゾンビのスイッチを入れる。

4、スイッチを入れられたゾンビは、ゾンビの真似をしながらみんなを追いかける。

 (博士も逃げる。博士はスイッチを押すだけの役割だが、タッチされるリスクが高い。笑)

5、タッチされた人は、ゾンビになってみんなを追いかける。

 

という遊びです。

なぜ、ゾンビにスイッチがあるのか、などなどツッコミどころがあるのもまたおもしろい!

 

おもわず大人も楽しくなっちゃうこのあそび、みなさんもぜひ〜☆

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ