子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

保育士だから、できること

 

約1年ぶりのワークショップ。

個人的にはいろいろな反省もあったけれど、開催してよかったなぁと思えることが

たくさんでした。

「どうして、現場にいた時には気付けなかったんだろう」

「もっと早く知っていれば、もっとちがった保育になっていたかもしれない」

と心から思う内容をぎゅっとつめこんだのですが、

とってもすてきなゲストのおかげで、

大切なことをシンプルに、みんなで感じたり考えたり共有することがきたかな、と思っています。

 

今日、ゲストとして来ていただいたのは、

2児の母であり、子育てを通して子どものすがたを写真に収めている中島さんと

1児の母であり、仕事に育児にパワフルに活動している肝っ玉母ちゃんの藤岡さん。

保育園で働いていると、毎日目の前には当たり前のように子どもがいるけれど、

その子どもが生まれるまでに、どれほどの親の想いや大変さがあって今があるか。

そんなことをじんじんと感じたのでした。

 

その他、写真を通してのワークなど、改めて向き合うこと、感じること、考えること。

中島さんの写真を通して感じた、日々の中にある、 “心が動く瞬間” 。

おもわず見逃して通りすぎてしまうクセが知らず知らずのうちにできてしまいがちな環境の中で、

保育士としてどうやって向き合っていくか。

色々あるけれど、保育士だからこそ知っている子どものすがた。

保育士だからできること…

実際の現場と理想のギャップにまだまだ悶々としたこともあるかもしれないけれど、

そこにきちんと向き合い、悶々としたこと自体も楽しめるような、

そしてこれからの保育や子どもたちにつながる時間になれていたらいいなぁと思います。

 

そして、やっぱりこういう時間をつくっていくことの大切さを感じている今。

次回に向けても力が入ります^^

次回は、3月8日(土)開催!

次回は、絵本など身近なものからあそびの世界が広がる楽しいきっかけを元に、

現場につながるわくわくワークを楽しみます♪

子どもになりきってみて、初めて広がる世界。

初めて見えること。

これからのじぶんの保育に深く、つながること。

これからの子どもたち、保護者との関わりにつながること…

そして何より、身近に隠れている楽しさをじぶんで見つけ出すこと。

ノウハウよりももっともっと大切な軸に繋がる部分を、保育士の同志たちといっしょに

向き合ってみるあたたかい時間にしたいと思います◎

 

そうそう!

最後になってしまったけれど、今日のゲスト、中島さんの

日々の子どもの写真を収めたブログ 「サチカメ!」 

とってもすてきなので、ぜひご覧ください〜♪♪

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ