子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

「こたえ、を求めている子が多い気がする。」

 

「こたえ、を求めている子が多い気がする。」

そんな話を保育士養成校の先生がから聞いたのが、年明けくらい。

そんなきっかけと、私の中にずいぶん前から沸き上がっていたこんな想いが重なって。

 

---------------------------------------------------

 

現場にいた方が、保護者の方とたくさん話していたはずなのに、

現場を離れてみて初めてわかることがたくさんあることに気付いた。

現場にいた方が、子どもたちと密に過ごしていたはずなのに、

近すぎて見失っていたものがたくさんあることに気付いた。

 

保育士も保護者も、日々の慌ただしさについつい余裕がなくなって、

「あ、また忘れ物してる、あのお母さん…」

「またあの先生に何か言われちゃうかな…」

なんていうちょっとしたすれ違いやギスギスが生まれてしまいがちな環境もある中で、

知っていると知らないとでは全くちがうのに、

現場ではなかなか知る機会がないことが、あった!

 

それは、実際に子育てをしているママさんの、

妊娠発覚から妊娠中、出産、出産後、そして子育てのリアルなお話。

保育園に行ったら、毎日のように子どもがいるのが当たり前。

でも、その子どもたち一人ひとりがいかにして生まれ、育ち、そしてその背景には親の

どんな想いや苦労がつまっているのか、“わかっているつもり”になっていることってたくさん。

ということで、保育士や学生さんがママの話を聞くというワークショップを2回に渡り、開催しました。

 

妊娠・出産・子育てを経験していない私たちにとってのママさんのお話は、

それはそれは、ものすごく強烈に印象に残るもので…

詳細に記録されている育児日誌や授乳記録、お腹にいる時の小さな小さな影がどんどん大きくなっていくエコー写真を

見ながら、母の想いとその強さを、じんじんと感じたのでした。

 

そして、後半は、「レンズを通して」「絵本を通して」それぞれに子どもやあそびついて考えるワークの時間。

いつもとちょっと違う視点で子どもの姿やあそびについて考えてみると…

おぉ、これまた発見がたくさん。

わたし自身も、保育士さんや学生さんの話を聞きながら、考えさせられることや発見がたくさん。

 

出産一つにしても、本当にたくさんのエピソードがあって、

そして、ついつい見逃してしまいがちなところにもたくさんの子どものすがたや表情があって、

何をあそびとするか、子どもたちそれぞれに物事の捉え方や楽しみ方が違っていて。

 

うん、 こたえ、なんてないんだと。

 

わたし自身、色々と学びの多い、時間でした。

関わってくれたたくさんのあたたかい方々にも、心から感謝です◎

cafeのオーナーさんも参加してくれて、うれしかったなぁ!!!

 

うん、また、やろう。

 

 

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ