子どもの“イマ”を虹色に。ワクワクする大人と子ども - キッズカラー代表のブログ

保育士が子どもの育ちを保つために、保育環境の改善を目的とした保育士支援サービスHoiclue♪を運営する株式会社キッズカラー代表・保育士の活動ブログです。

100日の人

 

生まれたての赤ちゃんと毎日を共にして、小さい体で息をして、くしゃみして、オナラして、泣いて、ミルク飲んで、寝て、ぬくもりを求める姿を間近で見て、生命力ってすごいなと日々感じていたけれど。

50日も経つと、一人の“人”としての存在感がこんなにも大きいものなのかと心底驚く。

 

この子は、もうしっかりと自分の生き方をしているんだなぁと、小さいながらに示す一つひとつの意思に、驚く毎日。

うれしくもあり、どんどん成長していく姿にちょっぴり淋しさも感じつつ。

 

そういえば、旦那さんが五味太郎さんのトークショーに行った時におみやげに持って帰ってきた(長々と熱く語る報告付き)、

「子どもに失礼のないように」

という言葉が今、よくわかる。

 

果たして今の社会や大人は、わたしを含め、うわべだけでなく、子どもを一人の人としてどれだけ同じ立場で考えられているのだろう。

本来あるべき姿の社会は、きっとその先にあるんだろうな、なんてことを思う。

 

もう、100日が経ち、毎日メロメロにさせてくれるこの笑顔を見ながら。

日々色んなことを感じ、考え、学ばせてもらっている母です。

んーたまらん〜

 

保育や子育てに役立つ“遊び”情報サイトHoiClue♪[ほいくる♪]

子どもの“イマ”を虹色に。

キッズカラー 雨宮 みなみ